アース板の効果

MBL-Vは1/4λのバーチカルです。
車体をアースとして使っていますが、少しでもアースの損出を
減らしたいと考えアース板を付加する実験、運用をしています。

マルチバンド対応のMBL-Vを使用
クラニシBR510での測定です。

アース板は100均の天ぷらガード+すのこ
Al0022

バンド周波数/インピーダンス/SWR/アース枚数
 14
     13.43MHz  40    1.3     0
     13.22    40    1.8     1
     14.17    38    1.5     2
-----------------------------------
10
10.25MHz  50   1.1  0
10.10    45   1.2   1
10.04     35    1.7   2
--------------------------------------------------------
7 a
7.143Mhz  55    1.3    0
7.107    52     1.1    1
7.075     50    1.1    2
SWR 1.5 6.992--7.148
-------------------------
7 b
7.040MHz    52   1.3   0
7.026       50   1.1   1
7.000       50   1.05  2
---------------------------------------------------------
3.5
     3.520MHz    40    1.7   0
     3.510       37    1.5   1
      3.503       37    1.4   2
---------------------------------------------------------
1.9
      1.925MHz     40     1.2   0
      1.918      41     1.2   1
      1.915      48     1.2   2
      1.911       48     1.2   3
      1.909       48     1.2   4
---------------------------------------------------------
 周波数はSWR最低点を表示

 アース板を増やすと共振点が下がる (コイルあり)
 7MHzはタップ位置ab2箇所測定
 同軸ケーブル経由で測定の為、インピーダンスは
 正確な給電点ではない
 
 フルサイズの14MHzはアース付加で共振点が上がる
 測定ミスか?

 7MHzと1.9MHzのインピーダンスが下がらないのは
 リアクタンスが残っている?同調していない?